対象と渡すもの|引越し目安を知ることで安い費用で済ませられる

引越し目安を知ることで安い費用で済ませられる

作業員

対象と渡すもの

男の人

集合住宅と一戸建て

新居に引越した6割の人が、ご近所に引越しの挨拶をしているというデータがあります。新しい土地で快適に暮らすには、ご近所に挨拶をすることは最低限必要なことです。また、顔見知りになっておくことで、防犯にもなります。挨拶をする対象は、マンションなどの集合住宅と一戸建てで違います。集合住宅の場合、よくあるのが騒音トラブルです。しかし、最初に隣の人に挨拶をしておけば、騒音トラブルを回避できます。また、2階以上の場合は、下の階の住民へ挨拶をすることも大切です。一戸建ては集合住宅よりも騒音トラブルのリスクが少ないです。しかし、自治体、町内会でのつきあいというのがあります。周りに一戸建てがある場合は、向こう3件まで挨拶に行くのが基本です。

必要なプチギフト

引越しの挨拶は、なるべく早く行ったほうがいいとされています。引越し当日は、トラックから部屋まで荷物を何度も運ぶので、ご近所に迷惑がかかります。作業をしていてご近所の人と出会ったら、一言挨拶をしておくのがマナーです。正式に挨拶をする際には、外のしをつけた粗品程度のプチギフトを渡します。高額なものではなく、万人に役立つもの、生活必需品などがベストです。洗剤、タオル、ラップ、ごみ袋などの消耗品は相手に喜ばれます。外のしの表書きは、上の方に「ご挨拶」と書き、下には自分の苗字を書きます。沢山の人に渡す場合は、通販が便利です。通販なら外のしもつけてくれます。また、一度にまとめ買いをすることで単価が安くなります。